スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッと応援よろしゅうおねがいします♪ランキング人気ブログランキングへ
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

訴えられる?!同人誌とは一体!?

 2009-11-22
今日のテーマは「同人誌」!!

なんだかいままで知ってて当然のように
書いてきましたが・・
意外に「同人誌」っていうもののがさっぱり理解できないというご意見をいただきました。
まあたしかにいきなり「同人誌」ってきいてもなにがなんだかわからないですよね(汗)


■同人誌とは

同人誌」の定義というのは、

「同好の士が集まり、自分達で執筆・編集を行い、出版社を通さずに印刷・発行を行う冊子の総称」といった具合のものです。
「同じ嗜好(好み)を持つ人」(これを「同人」と呼びます)が出す雑誌だから「同人誌」ということになります。
さらに出版社へ頼まず、印刷所へ直接印刷・製本を依頼する所が、最大の特徴。
ですから、「編集作業」も自分で行わなきゃならないんですね、これが。
(この辺が、いわゆる「自費出版」とは異なるところ。)
ちなみに、中身のジャンルは問いません。
確かに、「同人誌」というと
一般にマンガのそれを指すことが多いようですが、
「創作小説」というものだってあります。
ちなみに同人誌の起源は明治時代の一般の方の短歌や俳句を集めたものだそうですよ。




■同人誌と著作権

今日の同人誌というのは、パロディ、創作、エロいものから全年齢対象のものなど、
多岐に富んでいます。
ちなみに、既存の商業作品をネタにした同人誌は、
厳密に言うと著作権に抵触します。

しかし著作権は「親告罪」(権利を侵害された当事者が訴えない限り、
罪にならない)という性質のものであり、
実は著作権者側は、あれこれいちいち目くじら立てると
ファンの人気を失いかねないため、

「よほど悪質なものでない限り、黙認」

というのが実情です。
僕もこの点は昔からものすごく謎だったのですが、
ファンの獲得・維持のためには黙認しなきゃならないんですね。


■訴えられるケースもアリ?!

しかし、著作権者側が「悪質」と判断したために訴えられたケースももちろんあります。
実例のひとつとして挙げられるのがポケモンの同人誌。
1998年夏、ピカチュウなどを使ったアダルト漫画の
同人誌を宣伝、販売した人が現れました。
その情報が任天堂に入ったのは秋です。
任天堂の社員はすぐに問題の同人誌を手にしました。
そして、任天堂はこの問題を京都府警に持ち込みました。
1999年1月5日になると任天堂らは作者を告訴しました。
その後、作者が逮捕されました。
容疑はもちろん著作権法違反。
逮捕後は事情徴収などが行われ、作者は罰金10万円の有罪となりました。

さらに!ここが驚きなのですが、
この同人誌を印刷した会社の社長も著作権違反ほう助の疑いで
書類送検されましたそうです!まぁ不起訴に終わったようですが・・



■ディズニー・・・

なお、ディズニーは著作権にものすごく厳しいところで有名です。
黙認などいっさいなく、「即、告訴」ということもしばしば。
実例としては、日本の小学校で、
児童たちが卒業制作としてプールにミッキーマウスの絵を描いたそうなんですが、
抗議を受けたというのがあります。
このように商業と関係なかったとしても、抗議を受けちゃうみたいですね・・

著作権との付き合い方は同人誌を発行する上で一番むずかしいところです。
基本的には、「同好の士による」冊子ですので、
「素人さんが主体」ということになると思いますが、
絵のレベルがかなり高い方が発行したりすると、
かなりのおカネを稼ぐ方々もおられるようなので
商用に利用されたとして訴えられるケースも珍しくないようです・・

スポンサーサイト
ポチッと応援よろしゅうおねがいします♪ランキング人気ブログランキングへ
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://rihabirishitenda.blog45.fc2.com/tb.php/46-a86772cf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

勝 改蔵

Author:勝 改蔵
アニメ・マンガ・ゲームが
大好きなんですが、、、
ガチオタにはなりきれない
中途半端なオタクでございます。
めざせ!ぬるオタのカリスマ!!

メルマガ購読
1日5分でできる!ぬるオタのための人生を逆転させる裏技(無料レポート):

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。